工事進捗状況

~ 進捗状況報告 ~

 

工事の紹介をして早3ヶ月が過ぎてしまいました。

この間、大きな変化がありました。

工事範囲の拡大です。

当初200mの施工延長が、2kmに変更に!!!なんということでしょう。

そして工事期間も来年秋頃まで延伸の見込です。

工事内容も大きく変わってしまいましたが、工事を担当する以上は、いまさら愚痴ってもしょうがありません。

やるだけです。

11月1日より土砂の受け入れをはじめ、現在は盛土・擁壁工事を行っています。

着工前                      11月末現在

 

 

 

 

また、当初施工予定の範囲の当社へ引き渡しは、12月20日を予定されています。

11月末現在

 

 

11/23に例年より遅い初雪を観測し、自身東北3回目の冬を迎えます。

一昨年の宮古地区よりさらに北上してきましたが、栃木さん(北海道出身)という極寒でのノウハウを熟知した心強いメンバーも加わりましたので、何とか乗り切りたいと思います。

年明けには新しいメンバーがもう一人加わる予定です。

また改めて紹介します。

 

 

広告
現場だより

~ 工事の紹介 ~

 

 

1年半ぶりに岩手県に赴任してきました大坪です。

前回は宮古市のほうで今回と同じ三陸沿岸道路の工事を担当していました。

7月末、九州の猛暑の中で今回工事の受注報告を受け、工事場所をネットで調べると、なんと青森との県境付近。

一昨年以上にさらに北上し、松尾建設社内でも最北端の現場であることを知らされ、九州人の私にはちょっと不安でした。

しかし、間もなく完成を迎える鹿糠浜地区道路改良工事の近くということもあり、先発隊の同僚がいて一安心。

今は工事着手に向け、鋭意準備中です。

ここで、今回の工事について少し紹介します。

三陸沿岸道路「洋野階上道路(侍浜~階上)」は、青森県階上町~久慈市侍浜町を結ぶ約23kmの自動車専用道路であり、平成32年度の開通が目標です。

今回の工事は、その改築事業の一環として、洋野町種市第45地割におけるL=200m区間の道路改良を施すものです。

 

 

工事名は『北ノ沢地区道路改良工事』で、来年3月までを予定しており、担当者は以下の通りです。

監理技術者
大坪 一義(おおつぼかずよし)47歳
佐賀県出身
現場代理人
千葉憲之(ちばのりゆき)40歳
静岡県出身

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今は2名で準備していますが、工事が本格化したらメンバーも随時増員していきます。

工事の無事故・無災害はもとより、地域住民の皆様にはご迷惑をお掛けしないよう工事を進めてまいります。

どうぞよろしくお願いします。

また今後も、工事の状況を随時本ブログで紹介していきますので、是非ご覧ください。