現場だより, 工事進捗状況

 ~ 進捗状況報告(夏) ~

 

本格的に暑くなってきました。

九州に比べたら気温はまだまだ低いですが、これまでの涼しい環境から一気に気温が上昇したため結構つらいところがあります。

つい最近まで朝晩は『ファンヒーターつけようかなー』なんて思っていたのに・・・。

 

さて、現場のほうといえば梅雨の影響もあり土工事がちょっとだけ遅れ気味ですが、進捗率としては全体の約85%で最終段階を迎えようとしています。2040mあった工事区域の約1/3は整形・片付け作業に入りました。

工事起点側

 

 

 

 

 

 

 

 

 

No.170付近

 

 

 

 

 

 

 

 

 

No.195付近

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、日頃から工事にご理解ご協力いただいている地域のために、7月28日早朝より伝吉地区のクリーン作戦へボランティア参加し、地域の皆様とコミュニケーションを図りました。

 

伝吉地区クリーン作戦
町道部草刈状況

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現場だより, 工事進捗状況

~ ちょっとひといき ~

本工事の盛土作業も約半分完了し、折り返しを迎えました。また、平成の時代も間もなく幕を閉じ、新しい令和の時代へと移っていきます。

そんな中、『働き方改革』が進められ、長時間労働が美徳(?)とされていた過去の悪しき風潮から脱却しようと、建設業でもいろんな取組が行われています。しかし、抜本的に仕事量が減るわけではなく、その仕事のやり方や効率化を図るべく日々悩まされているところです。

工事起点側
№170付近
№195付近

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで今日はちょっとひといき。

休日を利用し現場職員4人で、八戸のおいしいものがみんな揃うといわれる『八食センター』へ出掛け、センター内の七輪村にて、新鮮な魚介類をバーベキューで堪能。お酒もすすみました。(車移動のため、今回は江田君ハンドルキーパーに立候補。ありがとう。)

 

七輪村 in 八食センター

 

 

平成も残り1週間。気を引き締めて無事故で頑張りましょう。

 

平成最後をともにする現場の皆さん

 

 

 

~ついでに自己紹介~

 

自己紹介が遅くなりましたが、今年から北ノ沢の現場に来ました江田といいます。

去年の夏から年末まで岩手の久慈の現場にいましたが、そのまま北上して参りました!()

この工事が完工するまで全力で現場を進めていきたいです!(^^)!

仕事も大事ですが、プライベートも大事!

東北に来たので、観光・ご当地グルメなども楽しみたいと思ってます!

おススメがあれば教えてください!()

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

現場だより, 工事進捗状況

 ~ 進捗状況報告(春) ~

ようやく春がやってきました。この3ヶ月冬眠してしまい、ブログの更新がおろそかになってしまいました。申し訳ありません。

ちょっとさかのぼって報告します。

当初施工予定の範囲は予定通り12/20荷引き渡しを受け盛土を開始し、起点側(青森側)では2月に受入準備を行い、3月中旬に盛土を開始、また終点側(久慈側)では3月上旬から掘削および土質改良を開始しました。

現在は、工事区間2040m全域にわたって工事を行っている状況です。土砂運搬のダンプが現場内をジャンジャン走るわけですが、これまで寒い間は、ダンプ走路の内部が凍結していて安定していましたが暖かくなるにつれて、轍が大きくなり走路整備に手をやいています。

ようやく雪もなくなり、花粉の多い季節となりました。現場でもこれから工事最盛期を迎える中、花粉症に苦しむ人が多く見られます。注意力が散漫になりがちですが、みんなで力を合わせ乗り切っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

工事進捗状況

~ 進捗状況報告 ~

 

工事の紹介をして早3ヶ月が過ぎてしまいました。

この間、大きな変化がありました。

工事範囲の拡大です。

当初200mの施工延長が、2kmに変更に!!!なんということでしょう。

そして工事期間も来年秋頃まで延伸の見込です。

工事内容も大きく変わってしまいましたが、工事を担当する以上は、いまさら愚痴ってもしょうがありません。

やるだけです。

11月1日より土砂の受け入れをはじめ、現在は盛土・擁壁工事を行っています。

着工前                      11月末現在

 

 

 

 

また、当初施工予定の範囲の当社へ引き渡しは、12月20日を予定されています。

11月末現在

 

 

11/23に例年より遅い初雪を観測し、自身東北3回目の冬を迎えます。

一昨年の宮古地区よりさらに北上してきましたが、栃木さん(北海道出身)という極寒でのノウハウを熟知した心強いメンバーも加わりましたので、何とか乗り切りたいと思います。

年明けには新しいメンバーがもう一人加わる予定です。

また改めて紹介します。

 

 

現場だより

~ 工事の紹介 ~

 

 

1年半ぶりに岩手県に赴任してきました大坪です。

前回は宮古市のほうで今回と同じ三陸沿岸道路の工事を担当していました。

7月末、九州の猛暑の中で今回工事の受注報告を受け、工事場所をネットで調べると、なんと青森との県境付近。

一昨年以上にさらに北上し、松尾建設社内でも最北端の現場であることを知らされ、九州人の私にはちょっと不安でした。

しかし、間もなく完成を迎える鹿糠浜地区道路改良工事の近くということもあり、先発隊の同僚がいて一安心。

今は工事着手に向け、鋭意準備中です。

ここで、今回の工事について少し紹介します。

三陸沿岸道路「洋野階上道路(侍浜~階上)」は、青森県階上町~久慈市侍浜町を結ぶ約23kmの自動車専用道路であり、平成32年度の開通が目標です。

今回の工事は、その改築事業の一環として、洋野町種市第45地割におけるL=200m区間の道路改良を施すものです。

 

 

工事名は『北ノ沢地区道路改良工事』で、来年3月までを予定しており、担当者は以下の通りです。

監理技術者
大坪 一義(おおつぼかずよし)47歳
佐賀県出身
現場代理人
千葉憲之(ちばのりゆき)40歳
静岡県出身

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今は2名で準備していますが、工事が本格化したらメンバーも随時増員していきます。

工事の無事故・無災害はもとより、地域住民の皆様にはご迷惑をお掛けしないよう工事を進めてまいります。

どうぞよろしくお願いします。

また今後も、工事の状況を随時本ブログで紹介していきますので、是非ご覧ください。